HIV検査が可能な病院はどこ?

HIV検査が可能な病院を探している人へ。当サイトでは全国に存在するHIVの検査が可能な病院の情報を探すことができます。

原因不明の今まで起きなかったような症状が続いていて、自分に心当たりがあるなら一度病院でHIV検査を受けてみるべきです。検査が遅れてエイズを発症してしまってからでは遅いのです。

HIV感染は2週間から6週目に風邪に似た症状が起こると言われています。主な症状は発熱、発疹、咽頭炎、頭痛、発疹、リンパ節の腫れ、吐き気・嘔吐、下痢です。単なる風邪と思い込み見逃してしまうことが重症化してしまう原因ともなっています。

では、いつHIV検査を病院で受ければ良いのか?

HIV検査を受けるべき時期

HIVは仮に性行為の後で感染したとしても、すぐ後で検査をしても陽性かどうかはわかりません。一般的にHIVに感染すると、血液中にHIV抗体ができるのに4~8週間かかるとされています。

そのため最速では1ケ月以降、確実な結果を受け取るためには3ケ月以降のHIV検査が推奨されています。なんらかの初期症状が出ている方でとても気になる場合は最低でも1ケ月は待ちましょう。

結婚を控えていたり、お付き合いを始めようとしているなら大切な人に感染させてしまうかもしれません。大切な人を傷つけないためにも病院での早期のHIV検査をおすすめします。

カテゴリ一覧